プログラム

※ 公務活動や著作権、肖像権に関わる講演は対面のみとなりますので、ご了承ください。

会長講演
現地Live発表オンラインLive発表オンデマンド配信

日本の山岳遭難死因〜生存率の改善を目指して

大城 和恵(北海道大野記念病院山岳外来・循環器内科)

特別講演
現地Live発表

山岳救助への医療導入を果たして〜低体温症生存救助率の改善

村上 富一(元北海道警察山岳遭難救助指導官・対策官)

海外招待講演
オンラインLive発表

海外招待講演 1(5月29日(土)13:50-14:30)

低体温症の病院前マネージメント(WMS ガイドラインに基づく)

Ken Zafran (Stanford University Medical Center, USA)

海外招待講演 2(5月29日(土)14:35-15:15)

外傷と低体温症

Trauma and Hypothermia

Peter Paal (Paracelsus Medical University, Austria)

海外招待講演 3(5月29日(土)17:15-17:55)

雪崩埋没:生存率の改善へ

Hermann Brugger (Institute of Mountain Emergency Medicine, Austria)

教育講演1:Major山岳死因〜病院前にできること(5月30日(日)9:45-11:45)
現地Live発表オンラインLive発表オンデマンド配信

Ⅰ「頭部外傷」

黒田 敏(富山大学脳神経外科学教授)

Ⅱ「頸椎損傷」

井口 浩一(埼玉医療センター救命センター教授)

Ⅲ「胸部外傷」

吉田 和夫(信州大学呼吸器外科臨床教授)

Ⅳ「心臓発作」

山下 武廣(北海道大野記念病院副院長循環器科・心臓血管センター長)

スペシャリスト・スピーチ

スペシャリスト・スピーチ1(5月29日(土)16:05-16:35)
現地Live発表

1「パイロットが語る『エアーレスキューの危険とやりがい』」

高畑 英樹(北海道警察本部航空隊長/パイロット)

スペシャリスト・スピーチ2(5月29日(土)16:40-17:10)
現地Live発表

2「窒息・肺挫傷・脊椎損傷からの生還〜標高7500mから私が助かった理由」

竹内 洋岳(日本人唯一8000m峰14座登頂者)

スペシャリスト・スピーチ2(5月30日(日)11:50-12:20)
現地Live発表

私の登山史〜今生きているからできること

貫田 宗男(イッテQ 登山部顧問)

ランチョンセミナー

ランチョンセミナー 1【共催:テルモ株式会社】(5月29日(土)12:10-13:10)
現地Live発表

ECMO(人工心肺装置)〜基本と低体温症の治療

文屋 尚史(札幌医科大学 高度救急救命センター)

ランチョンセミナー 2【共催:大塚製薬工場】(5月30日(日)12:30-13:30)
現地Live発表オンラインLive発表

登山の脱水と水分補給

山本 正嘉(鹿屋体育大学運動生理学教授)

市民公開講座(5月30日(日)14:00-15:30)
現地Live発表

「南極点・北極点到達スキーガイド&アラスカアウトドアガイド〜自然の豊かさと極寒の厳しさ」

舟津 圭三(冒険家・プロ犬ぞりレーサー)

一般演題
現地Live発表オンラインLive発表オンデマンド配信

  • 5月29日(土)08:20 - 08:56 一般演題 1「高所・登山(Ⅰ)」
  • 5月29日(土)09:00 - 09:36 一般演題 2「体温・代謝」
  • 5月29日(土)09:40 - 10:16 一般演題 3「体力・トレーニング」
  • 5月29日(土)10:20 - 10:56 一般演題 4「山岳臨床医療(Ⅰ)」
  • 5月30日(日)08:15 - 09:00 一般演題 5「高所・登山(Ⅱ)」
  • 5月30日(日)09:00 - 11:45 一般演題 6「山岳臨床医療(Ⅱ)」